メンテナンスについて

宇都宮|アピタ浅井歯科クリニック HOME > メインテナンスについて

インプラントを長持ちさせるために

インプラント治療後にはメンテナンスが必要です。「インプラントを埋め込んだらおしまい」というわけではありません。人工歯が虫歯になることはありませんが、歯周病のような状態「インプラント周囲炎」を引き起こすことがあります。

注意が必要な「インプラント周囲炎」

インプラントの大敵が「インプラント周囲炎」です。インプラントのまわりの歯ぐきやインプラント体を支える顎の骨に炎症が起こる病気で、いわばインプラントの歯周病です。インプラント周囲炎が進行すると、インプラントを支える顎の骨が溶けて失われ、インプラントが抜け落ちてしまったり、咬む力によって折れてしまったりすることもあります。

自覚症状が出ない病気

インプラントには神経がないため、炎症が起きても痛むことはなく自覚症状がありません。インプラントがグラついたり歯肉から膿が出たりしたときにはすでに手遅れとなってしまいます。

インプラント周囲炎を防ぐには、毎日のしっかりとしたブラッシングと歯科医院での定期検診が必要不可欠です。せっかくのインプラントを長く使い続けるために、口腔内のケアを丁寧に続けていきましょう。

宇都宮市・足利市でインプラントを専門に行う当院では、

患者さんの歯並びにあわせたブラッシング指導+3ヶ月に一度の定期検診(担当衛生士が専任でケア)

を基本のメンテナンスとして実施しています。

ケアの大切さを強く意識しましょう

インプラント自体は半永久的に使えるものですが、肝心なのはインプラントを支える周囲の組織の健康状態です。患者様のケア次第でインプラントの寿命が決まるといっても過言ではありません。

大切なのは「これまで以上にしっかりとケアをしよう」と強く意識することです。特に、ケア不足で歯周病になり歯を失ってしまった方は、今までと同じ意識でいてはすぐに口腔内の衛生状態が悪化しかねません。それでは、インプラント周囲炎になってインプラントを失う可能性が出てしまいます。

  • 保証のご案内
  • 知っていますか?医療費控除
  • ページのトップに戻る