インプラントをご検討の方へ

宇都宮|アピタ浅井歯科クリニック HOME > インプラントをご検討の方へ

インプラントで明るい毎日を過ごしてほしいから

アピタ宇都宮・アピタ足利でインプラントを専門に行う当院は、“痛みが少ない・負担が軽いインプラント治療”をコンセプトとしているインプラント専門の歯科医院です。

「インプラントってどういう治療?」と情報を集めている方もいらっしゃれば、「入れ歯にするかインプラントにするか迷っている」という検討段階の方もいらっしゃるでしょう。インプラントに興味を持たれているすべての方に向けて、当院から少しお話をさせてください。

インプラント治療に思うこと

失って初めて気づく、歯の大切さ

歯を失うということは、想像以上のストレスです。
毎日の食事そのものが不便になるばかりか、思い切り咬んで食べる満足感も減ってしまい、見た目のコンプレックスにもなりかねません。歯がすべて健康に生えそろっているときには考えもつかなかった歯がゆさを感じることになります。

インプラント治療は、人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、まるで自分の歯のようにしっかり咬めるようになる治療です。失った歯の機能を取り戻せるうえに、入れ歯・ブリッジではかかってしまう他の歯への負担もありません。咬むことは全身にさまざまなプラスの効果をもたらし、健康を保つためにとても大切なこと。
インプラント治療は、結果として「歯が長持ちする→ずっとしっかり咬める→健康寿命を延ばす」という好循環をもたらします。
当院では歯がないことによるストレスやお悩みを解消するのに最適な治療法だと考えています。

インプラントとは?

入れ歯やブリッジでは味わえない感動を

歯の機能を補う方法としては、インプラントの他に「入れ歯」「ブリッジ」があります。治療費や治療期間ではこれらのように手軽ではありませんが、何よりも得難い“しっかり咬める喜び”をもたらしてくれるのはインプラントです。

長年入れ歯を使われていた方、あるいはブリッジを使われていた方が「もっと早くインプラントにすればよかった」「インプラントにしてすっきりした」と笑顔でおっしゃるのを何度も見てきました。入れ歯やブリッジとは異なり他の歯に負担をかけず、違和感もなく、自分の歯のように咬めるというのは、経験した方にしかわからない感動です。

入れ歯・ブリッジとインプラントの違いとは?

すべての方に安心して治療を受けてほしいから

とはいっても、インプラントには手術などの外科処置がつきものです。
「顎の骨に人工歯根を埋め込む」と当たり前のようにご説明していますが、初めて目にされた方にとってはこわいと感じてしまうかもしれません。そんなに大がかりな治療はちょっと……と抵抗感を持たれてしまうかもしれません。

当院はその恐怖心や抵抗感、そして治療にともなう痛み・腫れや疲れなどをできるかぎり取り除いて、安心して治療を受けていただき、心から「やってよかった」とおっしゃっていただけることを大切にしています。

宇都宮市や足利市などの周辺地域にお住まいの患者様の毎日を明るく照らす治療だと信じているからこそ、できるだけ負担とハードルを取り払って臨んでいただきたいのです。

具体的には

  • 他院で断られた方・難症例の方・手術が不安な方へ
  • インプラントのよくある質問
  • ページのトップに戻る