入れ歯・ブリッジとインプラントの違い

宇都宮|アピタ浅井歯科クリニック HOME > 入れ歯・ブリッジとインプラントの違い

快適な毎日を過ごしていただくために

ときどき、「歯がなくなっても、大したことではない」とおっしゃる方がいらっしゃいます。しかし歯は心臓や胃、肝臓などと同じ臓器のひとつです。食事を咀嚼するという重要な役割を持った消化器のひとつであり、歯1本を失っただけでも日常生活や健康的な体づくりに悪影響をおよぼしかねません。

よく咬めて明るく笑える毎日のために

虫歯や歯周病、あるいは外傷などで歯を失わないように心がけるのが一番ですが、もし歯を失ってしまった場合には、複数の選択肢があります。インプラントや入れ歯、ブリッジは、歯の機能を補う人工臓器のひとつ。

インプラント・入れ歯・ブリッジのそれぞれに優れた特長があります。歯を失うことによる影響としっかり向き合い、あなたにとって最善の人工臓器を選んでほしいと思います。

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある
治療法を選ぶときのポイント
  • 治療後の満足度(咬みやすさや日常生活の快適さ)はどうか?
  • 審美的に優れた仕上がりが得られるか? 見た目がコンプレックスにならないか?
  • 治療期間や通院回数などはストレスなく受けられるものか?
  • 費用負担が大きすぎないか?
  • 普段のメンテナンスは負担にならないか?

ご自身がもっとも優先される部分で満足度が高い治療や、トータルでのコストパフォーマンスなどから考えるのがいいでしょう。

当院では、宇都宮市や足利市など周辺地域の患者様のご希望をお聞きしたうえで、複数の治療や素材などからふさわしいと思われる選択肢をご提案しています。「自分にはどの治療がいいのかわからない」と不安に思われている方も、まずはお気軽にご相談ください。メールでのご相談もお受けしています。

  • ページのトップに戻る