インプラントの種類

宇都宮|アピタ浅井歯科クリニック HOME > インプラントの種類

一人ひとりにあわせて選べる信頼できるインプラント

インプラントは、世界中でたくさんのメーカーが製品(インプラントシステム)を開発しており、それぞれの医院・ドクターが治療方針にあわせてインプラントシステムを選んで採用しています。宇都宮市などの周辺地域の方に向けてインプラント専門診療室を構える当院でも、患者様にとって価値ある治療結果をもたらすために厳選したインプラントシステムを導入しています。

宇都宮市などの周辺地域の方に向けて治療を行う当院でも、いくつかのインプラントシステムを採用していますが、そのなかでも特におすすめしたいインプラントシステムがあります。患者様の負担をできるかぎり抑えられる「HAインプラント」、その特長をご紹介しましょう。

当院がおすすめする「HAインプラント」

HAインプラントを一言で表すと、

患者さんの負担をできるかぎり抑えられるインプラント

です。症例によっては歯を抜いた当日にインプラントを埋入できる(抜歯即時埋入)ため、手術、麻酔、通院、痛み・腫れを感じる回数を減らせる、患者様想いのインプラントであるのが一番の特長です。

「どうして抜歯当日にインプラントを埋入できるの?」というHAインプラントのしくみについては、一般的なインプラントと比較するのが一番わかりやすいかもしれません。

HAインプラントのしくみ・メリット

表面に骨の主成分をコーティング

【表面に骨の主成分をコーティング】顎の骨に穴を空けてインプラント体を埋め込むのは従来と同じですが、インプラント体の構造が異なり、中心部にチタン、その周囲には骨や歯の主成分であるHA(ハイドロキシアパタイト)がコーティングしてあります。

骨と早く・強く結合する

HAは元々ある骨と非常によくなじむため、埋め込んだときに強く・早く結合し、さらに骨形成も期待できます。

手術などの負担を抑えてインプラント完了

抜歯と同時にインプラントの埋入が可能であり、また骨再生治療が必要な症例でも、それらの手術や通院を行わずにインプラント治療を行うことができるのです。

まとめると、HAインプラントにはこんなメリットがあります。

負担が抑えられる・治療期間が短縮する

通常のインプラント治療は難症例でなくても「抜歯」「埋め込み」「(人工歯の)型取り」と2~3回の外科処置の工程が発生し、経過観察の期間も含めると治療完了までには約半年がかかります。さらに骨再生治療などが必要になると、1本のインプラントに数ヶ月~年単位の治療期間が必要となる場合も。

手術回数が増えれば増えるほど、通院の手間や負担、そして麻酔が切れた後の痛みや腫れに悩まされることになります。HAインプラントは抜歯と同時にインプラント体の埋入が可能であり、骨再生治療などを必要とする確率も低くなるため、手術回数が少なくなって負担を少なくできるのです。

チタンで約半年の治療期間もHAインプラントだと・・・

見た目がきれいに回復しやすい

インプラントの手術には高い技術が必要で、特に前歯は精度の高さが求められます。しかし、何度も外科的な処置を行うことで、本来であればつかないはずの傷跡が残ったり、違和感が残ったり、見た目の美しさが損なわれてしまう可能性があります。

HAインプラントは処置の回数が少なく、抜歯と同時にインプラント体の埋め込みもできるため、周辺組織を必要以上に傷つけたり、見た目に違和感を残したりするリスクが非常に少なくなるのです。

他の歯や口腔内に影響を与えない

抜歯即時でインプラントを埋め込んだ場合、簡易的な仮歯で日常を過ごす期間がありません。お口の中というのは、歯が1本でも抜けると歯並びがずれたり歯の生えるべきスペースが狭くなったり、徐々に変化が起きてしまうもの。HAインプラントで抜歯即時埋入をしたら、この変化が起こりません。

アンキロスインプラント

特殊な構造で骨を長持ちさせる

アンキロスインプラントねじ(顎の骨との結合部分)の構造が特殊で、意図的に深さの異なる段差を入れていることで、短い直線距離ながらも顎の骨とねじれるようにしっかりと結合し、かつ骨にかかる荷重を理想的に分散させているのが特長です。周辺組織を傷つけにくく、治療期間が比較的短く、かつ長期間にわたって安定的に使用できます。今ある顎の骨を保ちながらしっかり咬めるインプラントということで、多くの歯科医院で選ばれています。

  • 治療費のご案内
  • 当院の症例はこちら
  • ページのトップに戻る