インプラントとは

宇都宮|アピタ浅井歯科クリニック HOME > インプラントとは

もう一度咬めるインプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にネジのような形をしたインプラント体(人工歯根)を埋めて、上から人工歯を被せる治療法です。「顎の骨にネジを埋め込む」なんて聞くとすごく大変な手術のように思えるかもしれませんが、世界中で実績のあるとても有効な治療なのです。

専門の診療室を設けるアピタ浅井歯科クリニックから、宇都宮市や足利市などの周辺地域の皆様に向けてインプラント治療についてわかりやすくご説明します。

一番の特長はよく咬めること

入れ歯やブリッジと同じ抜けてしまった歯の機能を人工的に補う方法ですが、人工歯根を顎の骨と固定させるため、しっかり咬めて元の状態に近いレベルまで回復できるのが一番の特長です。

入れ歯・ブリッジとインプラントの違いとは?

治療をしたとわからないくらいの自然な見た目

インプラント体の上に固定する人工歯は、白いセラミックです。保険の虫歯などで使われる詰めもの・被せものよりも質が高く、色・質感・透明感のどれをとっても審美的に元の歯に近く、近くで見ても治療をしたことがわからないくらいの自然な仕上がりです。

インプラントが選ばれる理由を解説

インプラントの基本構造

多くのインプラントは、
(1)インプラント体(人工歯根)
(2)人工歯(被せもの)
(3)アバットメント(支台部)
※人工歯根と人工歯をつなぐパーツ
の3つのパーツで構成されています(インプラントメーカーおよびインプラントシステムによって異なる場合があります)。

インプラントの構造

インプラントのパーツ

基本的にすべてのパーツはそれぞれ独立しています。ですから、一部に不具合があったとしても一からまったく同じ治療をし直す必要はありません。

たとえば人工歯が欠けてしまった場合は人工歯だけ、アバットメントが折れた場合はアバットメントだけを交換する治療を行えば、それまでどおりインプラントを使い続けることができます。

  • 治療費のご案内
  • インプラントのよくある質問
  • ページのトップに戻る